SPECIAL MENU

メーキングカラー(弱酸性カラー)

髪を脱色し、髪内部から染め上げるアルカリカラーとは薬剤も施術の方法も異なります。

メーキングカラーは髪と同じ弱酸性のカラー剤を使用し、

脱色はせずに、髪の表面に色素をイオン吸着させて染めるので、

髪を傷めることはありません。

染め上がりは、自然な黒髪を保ちつつ、白髪の部分にはのせた色が発色します。

個人差はありますが、

シャンプーや汗などで徐々に褪色します。

艶・さら・カラー

艶めくヘアは毛先のまとまり感も◎。

この上ない手触りを毎日感じる事が出来るのは弱酸性だから。

お顔に使用する化粧水と同じくらいの肌にやさしい弱酸性は

髪にも頭皮にもやさしいんです。

肌が弱い、髪が傷んでいる、ボリュームが出ない。

もしかしたら、カラー剤を変えたら一気に解決できるかもしれません。

毎回損傷するカラーと、傷みを気にせず毎回染められるカラー。

この先染めなくなるまで、ずっと継続するなら、あなたはどちらを選びますか?


 

Top page