BLOG

2020.9.26

弱酸性メーキングカラーはこんな風に染まります☆

髪を傷めないカラー剤。

どうしてもできないことがあります。

黒髪を明るくするということ。

なので白髪の部分であったり、

アルカリカラーやブリーチ剤で色が抜けた部分には色がのってくれます。

今回は白髪染めの仕上がりをアップで!



黒い髪はそのままに、白髪の部分だけ茶色く染まっています。

白髪が増えればこの範囲が増えることになるので、

同じ色で染めても明るく感じることが出来ます。

この写真は染めたてのものなので、

地毛の黒い髪に馴染んだ程度の明るさですが、

これがひと月ほど時間が経つと、

褪色によってもう少し明るくなります。

すると、自然なメッシュ状にみえます。

そのころには根元から1センチほどの白髪が出てきていますので、

また染めることになるのですが。

この時、この色を活かすのであれば、

根元だけ染めるということもできますし、

根元から毛先まで全てもう一度染める。ということも可能です。

その時その時で色の選択を出来るのが

弱酸性メーキングカラーのおもしろみです。

白髪がないという方の場合でも、

このカラーは髪をコーティングするように髪に吸着しますので、

艶をよくする、指通りをよくするなどの効果が期待できます。

その際には色味を持たない色を使用することもできますし、

原色系の色でやんわりと色を纏わせることも。

太陽の光を浴びたり、蛍光灯の下だと

その色がほのかにみえるようになります。

実際、その色でもいいから染めてみたいと

夏休みにメーキングカラーのオレンジで染めた中学生が、

髪の手触りがいいから休み明けからも

色のない透明な色で染めてほしい!

と、継続して染める?ケースもありました。

トリートメント剤のような使い方ですね。

髪を傷めることがないから親御さんも安心して勧められるんです☆

こどもにヘアカラーを勧めないのではなく、

このカラーならいいよ☆と言ってあげられるのもいいですよね。

健康な髪をずっと。

弱酸性メーキングカラーをまず、あなたに試していただきたいと思います♪

ご新規様15%割引しています。

アルカリ性と弱酸性の違いを知って頂ける準備をしてお待ちしております☆

 

弱酸性美容室lateral (ラテラル)

富山市布瀬町南2-1-9
TEL 076-482-6651

弱酸性美容室lateral (ラテラル)
代表
宮路 千尋

PROFILE

Top page