BLOG

2019.7.21

身体の境界線。

先日、子供とドラえもんを見ていたら、昔のドラえもんが後半で流れました。

声も昔のドラえもんです。

一緒に見ていた子供も心なしか今のドラえもんを見るときより
大声を出して笑っていました。

今はテレビの規制があったりして、アニメの中でさえ、
おとなしい表現に収まった感じがするのは僕だけでしょうか?

クレヨンしんちゃんなんて、昔始まったころのしんのすけからすると、いい子ちゃん過ぎて、
みさえも怒りようがないんじゃないかと思いながら見ています。

話が全く関係ないほうに進んでしまいました。

ドラえもんです。

昔のドラえもん、めちゃくちゃリアクションが大きいのです!

怒る、悲しむ、びっくりする!

そんなところに子供達も笑っていたように思います。

そんなリアクションの一つに、ドラえもんがびっくりした拍子に頭が取れて一回転する瞬間があったのです。


えーーーー!ドラえもん頭取れちゃってる!


と、こちらもびっくりしたほど。

でも、ドラえもんはロボットですからね。頭が取れても別にいいんですが。
そんな瞬間あまりみたことがなかったので。

では、本題にはいりまして。

ドラえもんの頭のように、人間の頭が首と離れてしまったら一大事です。

そう、全ては一枚の皮膚でつながっています

弱酸性を扱う人は、これを球体理論と呼んでいます。
頭と顔は陸続き。もちろん身体も。

頭はシャンプー剤で洗い、顔は洗顔料で洗い、体はボディーソープで洗う。

これが当たり前になっています。

なぜでしょう?

皮脂や汗の量が違うから?
肌の厚みが違うから?

これは、製造メーカーの思惑にまんまとはまってしまい、いつのまにかこれが当たり前と、
何も考えずに毎日を過ごしてきたからなのです。



ここで一度、立ち止まって考えて見てください。




どこかに境界線がありますか?




ないはずです。

だって、全部たんぱく質ですから。

髪も、肌も、爪も。

分ける必要がないんです。

‟たんぱく質にとって良いもの”さえ使えば。

ここラテラルでは全身洗える弱酸性シャンプーを取り扱っております。

お越しいただいたお客様にはミニシャンプーをプレゼントしております。

ぜひ、全身分け隔てることなく洗ってみてください。

全然問題ないじゃん!と思われるはずです。


旅行も身軽です。
シャンプーだけあればいいんですから。


慣れていないだけ、今まで考えてこなかっただけなんです。

これを読まれたあなた!やってみてください。

全身がしっとり洗いあがります。
なんたって化粧水と同じ弱酸性なんですから。

洗いながらにして保湿も同時に適っちゃいます。

知っていてやらないなんてもったいないです。

今までは知らなかっただけですから。

だまされたと思って、どうぞ。







 

弱酸性美容室lateral (ラテラル)

富山市布瀬町南2-1-9
TEL 076-482-6651

MAP

弱酸性美容室lateral (ラテラル)
代表
宮路 千尋

PROFILE

Top page